2017.08.11(金)

夏もしっかり。

前回のお稽古からすっかり間が空いて、今日は8月のお稽古1回目でした。
お盆休み初日と言うことで、名古屋駅はものすごい人出でした。
近鉄のチケットを買いに行く暇が無く、案の定、当日券ではちょうどいい時間の切符が買えなかった為、諦めて新幹線を利用。行きの車両はほんとに混んでいて座れず。新大阪から名古屋(帰り)は空いてましたが。

さて今日は三絃『楫枕』、お琴『越後獅子』。
どちらも暗譜できたところまで。

楫枕は手事の初段と二段を暗譜しましたが、二段は怪しい部分も多々。似たような手が出てきて、まるっと3、4行飛んでしまうことも。先生と一緒に弾いていた時も、二人とも飛んでしまい「あれ?今どこで飛んだ?」なんてやりとりも。私がよく思い出せないところに丸を打っていただき、何回か弾くうちにだいぶ頭に入って来ました。

越後獅子は前歌途中(約半分ほど)まで。何箇所か勘違いして覚えていたところを直していただきました。三絃と両方、暗譜にかかっているので、先生からは「努力のあとは見える」とのお言葉でした。もうちょっと暗譜を進めたかったのですが、焦らず、今日はここまで。

6月頃から仕事と業務外のお役目が忙しく、職場から帰ってくると疲れて練習できないことも多々ありました。
そろそろ落ち着くはずなので、このお盆休みから暗譜のスピードアップを計りたいです。

中授導の時より暗譜が楽しいのは、曲が好きだから?
頑張って、でもあせらず着実に覚えようと思います。


さて、猛暑が続いたり、大雨や台風が続いたりと、すっかり夏ですね。
夏になると暑さで食欲が落ちる、というのが一般的ですが、私はまったく落ちず、しっかり食べています。
何しろ胃の調子が悪い時でさえばっちり食べていたくらいなので、夏だというのにちょっと増量してしまいましたf(^^;)
アルコールリハビリだ!とばかりにビールやらなんやら飲んでいたせいかもしれません・・・。

食べすぎも、エアコンのかけすぎも、「~過ぎ」にどうぞご注意くださいf(^^;)



にほんブログ村
スポンサーサイト
│posted at 22:06:00│ コメント 0件
2017.07.17(月)

教える・教わる

今日はお稽古。7月のお稽古はこれで終わり。大阪に2回しか行かないなんて、なんてあっけないんだろう(笑)

お琴は春の海、三味線は楫枕。

春の海はまだまだなんだけど、前回から多少の進歩はみられる、このまま頑張れば点はともかくとして合格圏内までは行けるだろう、とのこと。自分の頑張り次第ですf(^^;

楫枕は覚えた部分を。てごとの初段を。
だいたい家と同じくらい弾けたので上々。この調子でてごとの二段、後歌、前歌と続きたいところ。
今日は始めに「てごとの初段を覚えました」と申告したので、暗譜で初段を弾いた後、楽譜を見て二段を二回ほど弾き、再び暗譜で初段へ。二段に惑わされず、なんとか初段を弾ききる事ができました(^^)

次回8月まで少し間が空くので、曲の暗譜を頑張ることに。
今はお琴、三味線とも次のお稽古まで一曲ずつ練習していましたが、これからは同時並行で二曲、三曲と練習していかないといけないので、計画的に進めることが大切。油断せず、早め早めに練習を積んで行きたいところ。頑張ろう。

さて今日の『春の海』のお稽古では、先生から「練習しているとき、頭の中で楽譜をどのように見ているか?」というお話がありました。ただ漫然と楽譜を見て音で覚えて練習しているのか、「ろひはくじゅといき・・・(六七八九十斗為巾)」と頭の中で楽譜を読んでいるか?という違い。

「どちらかと言うと音で覚えて練習しています」と答えたところ、「それだと音が飛んでいる時などに反応が遅れる。頭の中で”八”と思っていたら”八”を弾くしかないけれど、音で覚えて”この辺”と思って弾こうとすると、弦を探すのに時間がかかって間違えるもとになる」というご指摘。

これを聞いた時、日ごろから先生に「なんとなく楽譜を見ていたらいけない」と言われていた意味がようやく分かった気がしました。そして先生はやはり全部お見通しなのだ!と改めて感じました。

お稽古ではなぜそのように間違えるのかということをいつもとても的確に指摘されるのですが、おそらく先生もそういった道を経て、一つずつ原因を考えて、克服してみえた結果なのだ!ということを実感しました。お見通しなのは当然のことなのだと。

指摘を受ける前に自分で気付くのが理想ですが、こうして気付くチャンスをいただいたので、これからの練習に活かしていこうと思います。今日のお稽古も有意義な時間でした(^^)

ところで先日こっそり「自分まとめ」という日記のカテゴリーを作りました。

まだ一つしか記事はありませんが、密かに上げる文章を執筆しております(笑)
お楽しみに♪


にほんブログ村


│posted at 22:48:25│ コメント 0件
2017.07.01(土)

あつい一日。

今日はお稽古でした。
午前中にお稽古、とんぼ返りで大学同窓会名古屋支部の総会でした。幹事の末端にいますので、準備から参加すべく。

久しぶりに新幹線で往復しました。やっぱり速いです。でも新幹線の場合は自由席利用なので、少々混雑しているのと、人の行き来が多く感じました。
最近すっかり近鉄に慣れていたので、近鉄も悪くないなと再認識。

さてお稽古。
三絃からでしたが、先生の前に座ったらまず「春の海はどないや」と尋ねられましたf(^^; 思わず「弾くほどに落ち込みます」と本音が。「難しい曲やからなぁ」と少し会話してからお稽古。

三絃『桜川』いったん仕上げ。
口三味線部分等を確認しながら通して、2回目は一人で歌の部分を確認。次回は『楫枕』の暗譜、出来たところまで。
私の三絃の課題は、拍をきちんと数えること、数えた上で速くならないこと、それから抑揚「あたり」、あとなめらかに歌うこと。いっぱいあるな(笑)

琴『春の海』。とにかく確実に、一小節弾けるようになったら次へ、暗譜するつもりで!が前回からの課題。
家では基礎連習をしてから曲の練習をする、を心掛けていましたが、先生の前ではずたぼろ・・・。
「箸にも棒にもひっかからんかったらどうしようかと思ったけど、何とか箸にはひっかかってるかな。」と先生。
安心はまったくできないけど、亀の歩みながら前進していることにほっとしました・・・。

帰る前にまた少し先生とお話しました。
試験を受ける意義についてなど。

その中で、先日の試験で中授導試験に合格した弟弟子について、私が「あまりに勢いのある後輩のおかげで、自分の中の先輩の意地、のような変なこだわりがなくなりました」と言ったところ、先生が「そのとおりやで」とおっしゃってくださいました。

たまたま先生の弟子が続けて試験でよい結果を出していたので、「1位にならな!」みたいな雰囲気があったけれども、結果は”運”であって、試験のためにどれだけ努力をするか、人より上に行くことよりも、自分の限界をどこまで超えていくことができるかが大切やで、と。

試験は大変だけれども、受験の努力をすることで確実にレベルが上がっていくから「がんばりや」と励ましのお言葉をいただきました。

ちょっと涙目になりつつ、お稽古場を後にしたのでした。

駅まで向かう途中で、私の次のお稽古に見えていた先輩に偶然お会いしました。実は私の後にその先輩がおみえになっていたのは今日で連続3回目。立ち話で、お稽古を再開していかがですか?とか、試験受けるんやね、頑張って!等、ほんの少しですがお互い近況をお話してきました。同じ社中の方との交流は楽しいものです(^^)

さてその後ささっと名古屋へ帰って大学同窓会へ!
色々書きたかったですがお稽古の話が長くなったので、こちらもささっと!

年に一回開催される大学同窓会名古屋支部の総会。実は総会後に続けてある懇親会の司会をして3年目f(^^;)
こんなことは全くの素人。年々、初めは横に立っているだけだったのが、しゃべる量が増えてメインになりつつあります。おかしい、なぜこんなことにf(^^;;;

つたないながら、何とか務めを果たして、同窓会も満喫して帰って来ました。

今年は特別ゲストもいて大盛況。こちらでも幅広い年齢層の先輩、後輩たちと交流して、楽しいひと時でした。

やっぱり人と会うって楽しいです(^^)

さて、明日は久しぶりに何もない休日。
掃除するぞーーー!!!



にほんブログ村
7月は余裕のある日程。暇を守りたい!


│posted at 23:55:00│ コメント 2件
2017.06.29(木)

1年

一人暮らしを始めて先週日曜で丸1年が経ちました。
やっぱり、あっという間、の一言に尽きます。

楽器に関しては、実家にいた時より練習しやすい環境になりましたが、疲れて出来ない時もあります。
今更ながら、練習と家事のバランスを考えないとな~と思います。

仕事もモラトリアム期間は終わり、次のステップに進まなければいけません。昨年度は様々な要因で、上司も驚くほど仕事量に余裕のある年だったようで、眠気と戦わなければならない日もけっこうありましたf(^^;
幸い、睡眠の質を向上させられそうな兆しがあり、試行錯誤中です。生産性を上げたいです。

心と身体の健康、自分との付き合い方は、少し変わったのではないかと思います。
昨年、自分が今まで出来ないと思っていたことが案外出来ていることがわかり、自信になりました。
いい所もわるい所も、自分を素直に受け入れることで、前向きに行動できるようになりました。
健康管理を自分でしなければならないので、実家にいた時より、より健康志向になったと思います。

新しい環境になってから、周りに見守られている感じを以前より感じられます。
親以外の、職場の方や、友人、先生、先輩など、優しく、厳しく、導かれているような気がします。

友人が、スピリチュアルな体験をしてから物事がクリアになって人生が開けた、というような体験を話してくれました。
奇跡のような体験は、そうそう身近にあるものではないですが、実はそれそれの周りに、様々な形で存在しているのではないかと思いました。

友人にはスピリチュアルな形で。私には身近な人の支えという形で。人によっては心の師匠のような人との出会いだとか、運命の人との出会いだとか、自分を理解してくれる仲間達との出会いとか、打ち込める仕事や趣味だとか、あるいは親になってみてだとか、その人に合った形で、目の前が開けるような気付きが訪れるんじゃないかと思います。

この1年、自己嫌悪と前へ進もうという気持ちを行ったりきたりしながら来ました。
これからも一進一退しながら進んでいくことでしょう。
自分を受け入れながら、周りとの違いを受け入れながら、自分を活かしていく方法を、探し続けていこうと思います。


にほんブログ村
エネルギーを吸収する金色。


│posted at 23:04:07│ コメント 0件
2017.06.18(日)

基本に帰る。

今日はお稽古。
行きの電車にて、まゆっち先輩からおめでたいお知らせ。今回、同じ社中から、先輩のほか二人、試験の合格者がみえたそうです(^^)
皆さまおめでとうございます!
詳しくは先輩のブログをどうぞ→こちら♪

自分のお稽古は、お琴『春の海』、三味線『桜川』。

『春の海』がどうにもぼろぼろで、先生からは「あなたは暗譜して弾くくらい頑張らないと受からないよ」と厳しいお言葉。お琴は年数の割にいまだ初歩的な間違いが多く、自分でも情けない限り…。

なんで三味線のように行かないのだろう?と落ち込みましたが、基礎から見直して練習しようと思います。

・・・と、ここでふと以前の記事を思い出しました。こちら。
忘年会でいただいた深海先生の『筝エチュード』。試験のためだけでなく、自分のお琴の基礎力アップのために、改めて取り組むことにしました。

楽器のことで落ち込んだ時によく思い出すのが、フィギュアスケートの浅田真央さん。「緊張に負けてしまうのは練習が足りないから」という言葉や、基礎を見直してスケートに取り組んでいた姿など、ストイックな姿勢に自分も頑張ろう!と思えます。

もう一つ、帰りの電車でネットサーフィンしていて、漫画家水木しげるさんの「幸福の七か条」という記事を見つけました。
そのうちの一つに「才能と収入は別。努力は人を裏切ると心得よ」というものが。どういうこと?と思っていたら、そこに野球選手のダルビッシュ有さんの言葉も一緒に載っていて「練習は嘘をつかないって言葉があるけど、頭を使って練習しないと普通に嘘つくよ」と。目からコンタクト、じゃなかった、うろこが。
今日、このタイミングでこの記事を目にしたことに意味があると思います。ほんと、頑張ろう。

三味線は『桜川』。こちらは試験勉強としては1回目。中授導試験のお稽古が始まる前に習ったのが最後でしたが、その時から好きな曲でした。そのおかげか、家での練習時もすぐに曲を思い出せました。こちらは細かい部分を直されたものの、まぁ良しな出来。

今日はお琴→三味線の順でお稽古だったので、お琴で落ち込んだ気持ちを三味線で取り戻したものの、なぜお琴は三味線のように引けないのか?とまた落ち込みかけ、お琴の反省に繋がりますf(^^;)

さて6月に入ってから、プライベートだけでなく仕事も思いがけずやることが増えて来ました。
ちゃんとこなせるかしら?と不安もありつつ、少しずつ慣れていけば何とかなるはず!という気持ちで取り組んでいます。

忘れそうになりますが、今年の抱負は「全力で向き合う」なのです。
ほんと~~に、すぐ逃げ出しそうになりますが、逃げ足は少しずつ遅くなってきている(変な表現ですが、いいこと(笑))はずなので、今年も半年を過ぎたところで、改めて「全力で向き合う」ことを考えようと思います。

スタートがネガティブでもポジティブに変換していけばいい。
きれいごとみたいな理想を言ってるうちに、本物になればいい。
そんなつもりで、また明日からも頑張ります。


にほんブログ村
前を向くために振り返る日記。


│posted at 18:08:09│ コメント 0件